FC2ブログ
明けましておめでとうございます。

クリスマス後も 年末年始にかけて ご挨拶がてら来店頂きまして、本当に忙しいながら、
心から嬉しく思います。 年末年始は かなりいっぱいでお断りをしてしまいましたが、
今から 暇な時期になりますから どうぞいらして下さい。

さてさて、2009年になり、自分の中で去年の疲れとお店のスタッフのゴタゴタ問題にも整理がつき、
やっとブログを書く時間が出来ました。
あまり疲れている時や悩んでいる時に なかなか書けないし、やっぱり前向きに生きたいし。

去年から‘会社’と‘社会’ということを考えています。

自分もお店という会社を経営しているのですが、出来る限り、スタッフの事を考えているつもりです。
もちろん会社としての責任もあるし。
‘社会に出るということ’、‘会社で働くということ’を考えると‘責任’ということを考えてしまう。
そこには 人それぞれ‘夢’や‘現実’などいろんなことがあると思うけど、それ以外‘信頼’という
最も大切なことが 忘れられているような気がする。

若い時や社会に出た時は分からないかもしれないけど、周りの人や年上の先輩たちが それなりに考えているはずである。…というより考えている。
もし、味覚のない子が料理人になりたいとしても、どうしても不器用な子がいたとしても、どうにかしてあげたいと思うけど、自分の‘夢’は別の仕事です。…なんて言われてしまえば馬鹿馬鹿しくなってしまう。

人間って 一つの事をクリアーにしていくことに意味があり、そこには他人の支えがあり、人に感謝することを覚え、信頼し、信頼されるのではないかな?そこから初めて自分に合った仕事を考えるのではないか と思う。
人生には 逃げ道をつくることは簡単な選択であるけど、どれだけの人が自分のために考えてくれているかを分からなければ、社会に適していないのではと思う。

さて、1月よりペルケノーのホールスタッフとして中川君が入店してくれました。
昔から 一度一緒に仕事をしてみたいと思っていたので とても嬉しく思います。

ペルケノーでは中途採用でも厨房スタッフを1名募集しています。
この機会にペルケノーで一緒に頑張ってみたい人いませんか?

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://yoshiyama0071.blog25.fc2.com/tb.php/13-b78dfa76