FC2ブログ
4月15日、久しぶりに 料理学校へ講師として 行きました。

いやー、本当に緊張しますね。
150人ぐらいの生徒さんを前に 料理を説明しながら、喋ること。
前日までは全然 緊張感もなく、何も考えてなかったのですが、いざ 料理の順番を考え始めると、
時間の事を気にしちゃいました。実際、90分の授業は長いようで 短いのです。

今回のメニューは、
‘フルーツトマトのゼリーと春野菜、水牛のモッツァレッラチーズのサラダ仕立て’
‘ドンブ産蛙と花つきズッキーニのサフラン風味のソースと和えたタリオリーニ’
‘仔豚(国産)の肩肉のロースト、季節の野菜とパルミジャーノチーズの泡を添えて’
の3品でした。

僕なりに いつもテーマがあり、今回は‘春’‘手間をかけた料理’‘肉を塊で焼く楽しさ’‘素材’という
ことを考えて 決めた料理でしたが、なかなか 伝えることは難しいかなーと思いますよ…本当に。
僕が 生徒さんの歳ぐらいの時は、料理に 興味がなかったし、先のことなんて 考えてなかったし。

でも、時代が変わり 僕の調理師学校時代から20年という時間が過ぎた今の日本は
本当に真面目にやれば とても良い食材に恵まれていると思う。
だから 僕としても、本当に良い食材を教えたいですよ。そんな気持ち。
そこから何かを得てもらえば。

確実に 時代は変わり、且つ 変化を求められる時代 だからこそ、本物を知って欲しいと思います。
本物を知るということは、自分の‘価値’を上げること。
人間の可能性ってみんな平等だと思います。
そこから‘自分’を見つけていって欲しいと 心から思います。
それが、‘料理’につながると 僕は信じていますから。

それは 自分の子供にも もちろん思うことですが…。

時間の事ばかり気にして ちゃんと教えられたかなー。と 僕も いつも反省してしまいます。
僕も人間ですから…。 やっぱり難しいねー。(笑)

中調

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://yoshiyama0071.blog25.fc2.com/tb.php/20-05c470e4