FC2ブログ
4月3日。いよいよフィレンツェとお別れです。
子供たちは、ローマよりもフィレンツェが好きだったみたいです。
だから、ローマには行きたくな~い!みたいな。。。。スリ事件もあるし。(笑)

出発前に時間が出来たので、またまた本屋に一人で行くことに。
すると、トスカーナの食材市をやっていて、ついついそっちの方へ足が向いてしまいました。
生ハムだったり、チーズだったり…それからチンタセネーゼのブースもあり、色々と味見をさせてもらいました。
うーん美味しい!! やっぱりトスカーナは大好きだなー。

10時にスタッフと駅で待ち合わせて、ローマ行きの電車に。これでトスカーナともお別れか~(涙)
スタッフも充実したご様子。色々食べ歩いたみたいです。
僕はやっぱり家族重視だから、あまりうろうろ出来ない。もともと食べ歩きもしないしね。
興味がないわけではなく、作る方が好きなのかな~やっぱり。

僕もイタリアの大半をトスカーナで過ごしていたから、この味が 僕のイタリア料理のベースに
なっているのだけれども、イタリアも不景気で、昔のイメージのイタリア料理店は姿を消し、なんかみんな
普通に美味しいわけで、どの店にも日本人が働いている状況だから、ワサビのソースだったり生姜の酢漬けだったり
醤油だったり、そんな感じ。…何が言いたいというわけではなく、料理とは何なのだろうか?と少し感じてしまった。

田舎臭さというのが良い表現かわからないけど、それもまた昔のイタリアの良さだったように思えてきた。
だから、今がどうのこうのということではなく、昔を知っている良さみたいな。昔といっても17年前だけど。

これだけ便利な世の中だから、イタリアとか日本とかそういうことではないのかも知れない。
それは、日本の中でも同じことで、東京でも福岡でも同じことだと思う。
自分のモチベーションのようなものかな。そのためには、やっぱり休むことが一番だと思った。
身体を休めることとリフレッシュは必要だよね。そういう意味でも感動も少し減ってきているかも。
確かにインターネットで時間短縮な旅は可能になったけど、不便な旅は記憶に残るし、そこでしか味わえない感覚は
とても大切だと思う。(ま、でもそのお陰で今回はホテルや電車の切符をインターネットで予約して、
あのフィレンツェ駅の長蛇の列に並ばなくて済んだ訳だけどね…笑)

と、そんなことを思っていたらローマに到着。
今回は、子供たちがコロッセオを見たかったらしく、そこからスタート。
なかなか良い天気で、初日のローマに比べたら気持ちよかったー。
コロッセオも運よく30分ぐらいで中に入れました。でも、パスクア(復活祭)の前日なのですっごい人!!
中を見学し、上にもあがり…すると、何か下の子が不服な様子で…
どうしたの?
と聞くと、
戦いはどこであると?
と…。そう、彼は本当に猛獣と人間が闘う場所と思っていたわけです。(笑)

その後は真実の口に向かい、そこでも30分待ち。昔は誰もならんでなかったけど??。
トレビの泉は、歩けないほどの人であふれかえっていました。…記念写真なんてできる状況ではない。
それから、子供をだましだまし歩かせ、やっとホテルの近くのレストランに。

あんまりローマ料理は食べたことはないし、もちろんローマでのカルボナーラも初めてでした。
最後のローマでの晩餐は、それなりに楽しく、美味しかったです。やっぱり家族は大切ですね。
そこのカメリエーレがみんな年配の人ばっかりで、子供たちが可愛いらしく、特に娘は今回の旅で
なにか自信が付いた様で、そんなに話せるわけではないけれども、挨拶だとか何が欲しいとか、
積極的に聞いて話そうとしていたからか、イタリア語をよく褒められていました。
普段は恥ずかしがってあまり使わない‘ありがとう’という言葉。
‘Grazie!!’だと言いやすいみたいですね。普通に連呼してました。不思議です。(笑)

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://yoshiyama0071.blog25.fc2.com/tb.php/47-84602139