FC2ブログ
僕も小学校の時は少年野球に入っていた。
…というよりみんな野球をしていたような気がする。
地方だと民放放送が2~3ぐらいしかなくて、いつも読売ジャイアンツの試合を見いていたような記憶がある。
物心ついた時には王さんと長嶋さんが引退をしていて、家族でテレビを見ていたような… 
そう、その時の彼らはすごく歳だと思っていた(すみません)。
でも、本当に“昭和という時代の家族のワンシーン”として記憶に残っている人も沢山いるんじゃないかな?

さて、今回の清原選手の引退は41歳。
長嶋さんの引退は40歳?。
王さんの引退は37歳。
そう、今の僕と同じ歳なのである。
確かにアスリートの選手寿命は短いと思うけどまさか自分がその歳になっているとは。。。。

僕らはこの仕事をいつまで続けるのだろうか。
みんな、一生の仕事は何ですか?
一生って何だろう?

生まれて死ぬまでの間。 それが一生だとすれば、人生は生き方。
若い時は、自分の引退なんて考えていない。 
でも、歳を重ねることは良いことだと思う。
分別がつくように思う。 何をやっても自分の生き方なら頑張るしかない。
でも、変化もしたいよなー。 それは歳をとれば変な人。 その境は40歳なのかも。(笑)

僕はやりたい事をやっているのかな?
自分に問いただしてみてもやはりわからない。
若い時は、インテリアコーディネーターや家具職人にあこがれたけど。。。
今は、お客さんが楽しんでもらえれば(自分も楽しめれば)嬉しいね。

今の時期、お客さんに無花果ジャムを配ることがありますが、本当に喜ばれます。
毎年、食べている人は何が入っているのですか?とよく聞かれますが、
砂糖と無花果以外何も入っていないから、“愛情”だと答えます。
お客さんが喜んでいるのだから 無花果も大喜びでしょう。

色々考えるとやっぱりこの仕事は好きなのかな? と思ってしまう今日この頃です。 

追伸。
“白トリュフはランチのリゾットで出ないのですか?”という問いがありましたが、
白トリュフのリゾットはアラカルトで¥5250なので無理ですネ。
それぐらい高価なものです。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://yoshiyama0071.blog25.fc2.com/tb.php/7-6592132b