FC2ブログ
2008.10.24 Vol.9 秋の夜長
秋の夜長の休みの日、小倉のお店からのお客様で10年来お付き合い頂いている
ご夫婦2組を自宅に招き“恩返し?”がやっと出来ました。
実際 僕が失業した時、親身になって話をしてくれ、
僕が福岡に残るきっかけを作ってくれた人たちです。

この日のメニューは“うりぼう鍋”。仔猪とたっぷりの糸島野菜とキノコ(天然シメジと徳島の松茸)。
雉のサラダ仕立て。蝦夷鹿と済州島の鯖のお刺身。お客さんの持ち込み鮑のお刺身でした。
ワインも6本と本当に楽しい夜でした。(全て良いワインで(笑))

我が家では休みの日、基本的にベランダで食事をするのですが、
昨日は本当に気候が良く、大変喜んで頂きました。
ペルケノー!?に来てもなかなか一緒に食事は出来ないし、
食後に話をするぐらいしかないし。

その中で、10年前知り合った時の料理の話になったのですが、
褒めてくれても嬉しくなく…正直、恥かしかった(笑)。
それは僕が27歳の時の話で、実際、ご夫婦の子供たちも中学生だったり高校生だった。
 けれど今は、彼らもその時の僕の歳になっているわけで…
家族の成長を僕もずっと見てきたから、
その子らが彼女を連れてきた時には、嬉しかったし、やっぱりサービスをしてしまう。

“レストラン”は文化だと思う。
実際10年という時間がたち歳を取る。
でも何かは残っているはずだと思う。 色んな人生が交差する場所。
それが“レストラン”だとあらためて思いました。

僕の仕事は“アーティスト”とは違う。
自分が作りたい料理を作るのではなく、素材に頼り、食べて欲しい人に作るから。
10年前はできなかったこと。食べてがいないと商売にならないし。(笑)

最近思うことに子供は“ジビエ好き”である。
我が家の子たちも仔猪の料理が大好きで(我が家では休みの日、晩御飯の話から始まり、みんな
この時期は仔猪と答える) いつもローストを作る。 普通ではない?

これだけ食が危うくなっている時代、本当の“食”を考えなくてはと思うけど、
食べることの楽しさが 僕は大切だと思う。
“リアルフード”ということを最近よく思うけど、子供は自分で選べない。
楽しく食べることが幸せなのかな?

“楽しく食べること”は幸せなはず。
食べることはお腹を満たすためだけのものではないと思うけど、贅沢にすることとも違うような気がする。  

普通の家族は、晩御飯の話を 朝しますか?
やっぱり美味しい物を食べたいです。
そんな季節です。でも僕は 素材を見ながらドライブを楽しむ秋です。


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://yoshiyama0071.blog25.fc2.com/tb.php/9-d135de4e